写真

        

「あーやんなっちゃった」(牧伸二)と昭和の日

category - 写真
2017/ 04/ 29
                 
強調文
漫談家牧伸二


2013(平成25)年の今日・4月29日は、1960~70年代、「あゝやんなっちゃったあゝ驚いた」というフレーズで社会風刺したウクレレ漫談「やんなっちゃった節」で一世を風靡し お茶の間の人気者になったウクレレ漫談家牧伸二(本名:大井 守常)が亡くなった日である。
彼は、15年戦争の只中、1934(昭和9)年9月26日、東京・目黒区に生まれる。
定時制高に通いながら東亜計器製作所に勤務。高校1年の頃牧野周一漫談をラジオで聞き、浅草の話術同好会「話術クラブ」に入る。この頃は楽器を持たない声帯模写を得意としていたようだ。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


「あーやんなっちゃった」(牧伸二)と昭和の日
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

日本初、参政権を得て、当選し議員バッジを付け合う女性代議士たち。

category - 写真
2017/ 04/ 10
                 
女性銀員


特別議会招集日5月16日、議員バッジを付け合う女性代議士たち。
右から沢田ひさ、米山ひさ、山口シズエの各氏。
今日(4月10日)は「女性の日」(婦人の日)である。
女性の活躍が取り沙汰される昨今、「女性の日」とは、どのような記念日なのだろうか。

労働省(2001=平成13年の中央省庁再編に伴い、厚生省と統合し現「厚生労働省」となる)では、我が国の女性が初めて参政権を行使した1946年(昭和21年)4月10日を記念して、1949年(昭和24年)以来、4月10日に始まる一週間を「婦人週間」と定め、女性の地位向上のための啓発活動を全国的に展開している。(1998(平成10)年から、「女性週間」に改称)その第1日目である。詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。

女性の日
                         
                                  
        

日本代表する女優・山田五十鈴の水着姿

category - 写真
2016/ 07/ 09
                 
0709yamada01.jpg
(画像クリックで拡大)

上掲の画象は、日活の人気女優達が夏の日の照りつける海岸で水着姿を披露。向かって左から夏川静江、佐久間妙子、山田五十鈴滝花久子。1932年。(『朝日クロニクル週刊20世紀』1931-1932年号より)。
後年の大女優山田五十鈴もまだこのころはピチピチのギャルだった。粋で、奔放、妖艶・・・映画や舞台でさまざまな女を演じ、女優として初めて文化勲章を受けた(ただし、受章辞退者を含めれば杉村春子が初)山田五十鈴が多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなられたのは2012年7月9日のことであった(享年95歳)。
私は子供のころチャンバラが大好きで、そんなことから時代劇映画が大好きでよく映画を見にいった。そんな時代劇になくてはならない俳優の一人であった山田五十鈴も大好きで、最近のものしかないがチラシなども結構集めている。

詳しくは、本館「老いの愉しみ」のイカのページを見てください。


戦前戦後を通じて日本代表する女優・山田五十鈴