2017年04月

        

「あーやんなっちゃった」(牧伸二)と昭和の日

category - 写真
2017/ 04/ 29
                 
強調文
漫談家牧伸二


2013(平成25)年の今日・4月29日は、1960~70年代、「あゝやんなっちゃったあゝ驚いた」というフレーズで社会風刺したウクレレ漫談「やんなっちゃった節」で一世を風靡し お茶の間の人気者になったウクレレ漫談家牧伸二(本名:大井 守常)が亡くなった日である。
彼は、15年戦争の只中、1934(昭和9)年9月26日、東京・目黒区に生まれる。
定時制高に通いながら東亜計器製作所に勤務。高校1年の頃牧野周一漫談をラジオで聞き、浅草の話術同好会「話術クラブ」に入る。この頃は楽器を持たない声帯模写を得意としていたようだ。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


「あーやんなっちゃった」(牧伸二)と昭和の日
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

シニアーズ・デー

category - 映画・演劇・舞台(ポスター・チラシ・パンフ等)
2017/ 04/ 28
                 
アニメ映画「テレビまんが 昭和物語」.
冒頭の画像はアニメ映画「テレビまんが 昭和物語」チラシ。


今日4月28日は「シニアーズ・デー」
作詞家・作曲家・プロデューサーとして知られる中村泰士が制定。
日付は、四(し)二(に)八(や)で「シニヤ」の語呂合せ。

中村泰士は、1939年(昭和14年)奈良県出身の、ちょうど私と同じ年代の人であり、77歳(満76)喜寿のお祝い(長寿の祝い歳参照)は2年前に迎えているはずだ。
1957年(昭和32年)美川鯛二として東芝(EMIミュージック・ジャパン全身)より歌手デビュー。以下で当時の懐かしいCDジャケットが見れる。
レコードジャケット 美川鯛二
1968年(昭和43年)、佐川満男の「今は幸せかい」(※1{歌ネット参照)で作曲家に転身。「わたしの青い鳥」(※1参照)「心のこり」(※1参照)「そして…めぐり逢い」(※1参照)などヒット曲を連発。1972年(昭和47年)には、ちあきなおみの「喝采」(歌詞は※1参照)で第14回日本レコード大賞、1982年(昭和47年)細川たかしの「北酒場」(歌詞はここ参照)で第25回日本レコード大賞と、日本レコード大賞を二度受賞するなど、数々のヒットメーカーとして知られている歌謡界の大御所だが、大手レコード会社を通じた仕事は1985年の「そして…めぐり逢い」(五木ひろし)を最後にその後活動は見られず作曲活動は“卒業”?と思われていたが、1995年(平成7年)に、奈良県知事選、翌1996年(平成8年)、第41回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。大阪で大衆音楽活動を続けていた。
詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。

シニアーズ・デー


参考:
※1:歌ネット
                         
                                  
        

category - 映画・演劇・舞台(ポスター・チラシ・パンフ等)
2017/ 04/ 27
                 
映画「絆」.チラシ


今日・4月27日は「絆の日」
人と人との「」(語源)を大切にと兵庫県神戸市の株式会社アートファーマーが制定。「絆」は社会を支える上での基本的なものとして、その重要性を広く社会にアピールするのが目的だとか。
日付は絆を忘れないようにと勿忘草の月である4月と27を絆の「つな」と読む語呂合わせから。 詳しくは知らないが、(株)アートファーマーは、神戸の・イベントプロデュース業務やまちづくり関連事業コンサルタントを業務としている会社のようである。
"哀しみが絆を生み、愛がその絆を深め、そして、憎しみが絆を思いがけない方向に押し流す。人は誰もが運命の絆に翻弄されて、生と死の挟間を漂っている。不安定な現代の中で”絆”は人間の光と影を鮮やかに照らし出し、心を揺さぶるキーワードと言える。
愛する人を守る方法は、たったひとつー、10年の時を隔てて放たれた2発の銃弾。”絆”を巡る運命のドラマが幕を開ける。・・・事件の鍵を握る男・伊勢(役所広司 )、事件を追う警部・佐古(渡辺謙 )、ふたりの男の現在が交差するとき、伊勢の悲しいまでに運命的な過去が浮かびあがる"・・・根岸吉太郎監督作品映画「絆ーきずなー」(1998年日本映画。冒頭画像、コレクションの同映画チラシより)。映画ストーリーはここ参照。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


絆の日
                         
                                  
        

八瀬の竃風呂『都名所図絵』

category - 未分類
2017/ 04/ 26
                 
強調文
八瀬の竈風呂

今日(4月26日)は「よい風呂の日 「よい(4)ふ(2)ろ(6)」の語呂合せ。他に「風呂の日 毎月26日」 「露天風呂の日 6月26日」がある。
世界のお風呂の歴史も古く、紀元前1800年~1400年ごろに存在したクレタ島クノッソス宮殿には、個人用のバスタブがあったそうで、当時の王様、ミノス王とその皇后后のための浴室だったそうだが、排水設備も完備された現在のお風呂と変わらないものだったそうだ。又、ローマ時代(4世紀頃)のお風呂は、大きな公共浴場、現在でいう温泉センターのようなものだったようで、「カラカラ浴場」(ローマ浴場)や「ディオクレティアヌス浴場」などが有名で、2000人~3000人収容可能だったと言うからすごい。当時は、このような浴場が社交の場だったといわれている。
一方、日本列島は、火山島のため、全国いたるところに温泉があり、太古の昔から、日本人は近くにに湧き出ている温泉に入浴していたようだ。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


よい風呂の日
                         
                                  
        

サザエさん一家の暮らしぶり

category - 漫画
2017/ 04/ 22
                 
サザエさん一家の暮らしぶり

1946年の今日(4月22日)福岡の新聞「夕刊フクニチ」で長谷川町子の4コマ漫画『サザエさん』が連載開始 された(当時の新聞紙面等、参考※1参照)。
『サザエさん』は、長谷川町子の漫画、およびそれを原作とするテレビアニメの題名であり、その主人公である子持ちの若妻「フグ田サザエ」の呼び名である。
長谷川 町子は1920((大正9)年1月30日生まれ。 佐賀県多久市出身の日本初の女性プロ漫画家である。旧制山脇高等女学校(現・山脇学園短期大学)卒業。山脇高女在学中から田河水泡に師事。
『サザエさん』の原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である。
町子は、疎開先の福岡で西日本新聞社の絵画部に所属していた時に終戦を迎えた。その翌年の1946(昭和21)年に、同社から新しく『夕刊フクニチ』が発行された。
詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


 『サザエさん』が新聞で連載開始された日
                         
                                  
        

映画「遺産相続」(1990年)チラシ

category - 映画・演劇・舞台(ポスター・チラシ・パンフ等)
2017/ 04/ 15
                 
映画遺産相続チラシ

今日(4月月15日)は「遺言の日」
近畿弁護士会連合会が制定。「ゆ(4)い(1)ご(5)ん」の語呂合せ。
最近は、地震や津波といった自然災害が多く発生している。1995年(平成7年)1月17日の兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)では、死者・行方不明者は6,437人、全壊、半壊の住家被害は、457,005世帯に及ぶ。この中には私の兄弟、親戚なども多く含まれている。私の家も軽度ではあったが損傷を受けた。このときは、本当に、生きた心地がしなかったが、震災の後、自分たちを含め、兄弟や親戚の中に、家屋などの被害はあったものの、亡くなった者がいなかったことをどれだけ感謝したことか。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。

遺言の日
                         
                                  
        

日本初、参政権を得て、当選し議員バッジを付け合う女性代議士たち。

category - 写真
2017/ 04/ 10
                 
女性銀員


特別議会招集日5月16日、議員バッジを付け合う女性代議士たち。
右から沢田ひさ、米山ひさ、山口シズエの各氏。
今日(4月10日)は「女性の日」(婦人の日)である。
女性の活躍が取り沙汰される昨今、「女性の日」とは、どのような記念日なのだろうか。

労働省(2001=平成13年の中央省庁再編に伴い、厚生省と統合し現「厚生労働省」となる)では、我が国の女性が初めて参政権を行使した1946年(昭和21年)4月10日を記念して、1949年(昭和24年)以来、4月10日に始まる一週間を「婦人週間」と定め、女性の地位向上のための啓発活動を全国的に展開している。(1998(平成10)年から、「女性週間」に改称)その第1日目である。詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。

女性の日