Post

        

歌川国亭筆『雪のあした』

category - 絵画Ⅰ浮世絵・錦絵
2017/ 06/ 02
                 
雪の日の井戸端会議
歌川国亭筆『雪のあした』(部分)「雪の日の井戸端会議」の様子

日本記念日協会に登録の6月2日の記念日に、「路地の日」がある。
由緒を見ると「歴史と文化の町、長野県下諏訪町には、昔からの裏道や路地が多い。このかけがえのない路地を愛し、その風情を楽しみ、いつまでも残していこうと活動を続けている「下諏訪の路地を歩く会」が制定。日付は6と2で「路地」と読む語呂合わせから。」・・・とある。
かつては中山道甲州街道が分岐する宿場として賑わった下諏訪町は、もともと信濃国諏訪郡の一部であった。平安時代には土武郷と呼ばれていたそうだ。
諏訪湖や八島ヶ原湿原、下諏訪温泉、諏訪大社などがある観光地で、諏訪大社の門前町として栄えた。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


路地の日
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント