Post

        

国策追行に動員された老大家のポスター画

category - 広告とその時代
2017/ 03/ 16
                 
国策蓄遂行に動員された大家横山大観画
①帝国政府ポスター
「国民精神総動員」(横山大観画)
国策蓄遂行に動員された大家、竹内鳳栖画
②帝国政府ポスター
「雄飛報国之秋」(竹内栖鳳画)

国民精神総動員」運動は、1937年(昭和12年)9月、第一次近衛内閣が、発した「盡中報国(尽忠報国)の精神を国民生活に実践せよ」という内閣告論によってスタートした。
この運動には1940年(昭和15年)7月の第二次近衛内閣誕生で拍車がかかり、同年10月13日、大政翼賛会の発足で、政府から引き継がれる 。
1941年(昭和16年)4月、翼賛会では機構改革をめぐり、内務省を中心とする官僚グループが主導権を握った。彼らは国民精神総動員を、国民を統合支配する際の精神的支柱として利用した。
そして、時の老大家横山大観竹内栖鳳の絵が帝国政府ポスターに利用された。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。

国策追行に動員された老大家そして、ボランティアの壁新聞
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント