Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

歌舞伎「伊勢音頭恋寝刃」(油屋騒動)

category - 絵画Ⅰ浮世絵・錦絵
2017/ 06/ 09
                 
「伊勢音頭恋寝刃」.
歌舞伎「伊勢音頭恋寝刃」の浮世絵(三代豊国作)

油屋騒動とは、寛政8年5月4日(1796年6月9日)夜、伊勢古市の・妓楼(遊女を置いて、客を遊ばせることを業とする店。遊女屋。女郎屋)「油屋」で、医師・孫福 斎(まごふく いつき)が酒に酔って起した刃傷事件である。
斎の相方で馴染みの遊女お紺が、斎の座敷がおもしろくなかったのか、途中で呼ばれて他の客の部屋に移り、その後なかなか現れないことに、侮辱されたと感じて憤るが、下男下女になんとかなだめられていったんは帰ろうとするも、玄関口で脇差を返されると、酒に酔っていた斎は、腹の虫が収まらなかったのか、下女の一人に切りつけ、ついで下男にも切りかかり、そのうち、狂乱状態に陥った斎は、お紺を探して部屋に駆け戻り、脇差を振り回し、目の前に現れた人物に次々と切りつけ、3人を斬り殺し、6人を負傷させたという。
この事件は伊勢参り に来た参拝客によって瞬く間に日本中に知れ渡り、有名になったお紺を見ようとする客で油屋は大繁盛したそうだ。又、この騒動はたちまち大阪に伝わり、道頓堀の立作者(座付狂言作者中の第一人者) 近松徳三の知るところとなり、数日にして切狂言(きりきょうげん=歌舞伎芝居の大切り。江戸時代の歌舞伎で、二番目狂言【世話物】の最終幕。幕末以後の歌舞伎では、二番目狂言のあとにつける一幕物。)にしくまれ、伊勢音頭恋寝刃(いせおんど  こいのねたば)と題し、福岡貢(芝居での孫福斎の名前)を三代目坂東彦三郎によって、同年7月には大坂の角座で上演され、各地で好評を博したという。私は歌舞伎に詳しくはないが現在でも上演回数の多い演目だそうである。因みに、油屋騒動を起こした斉は逃げ切れず事件の10日後に自殺(27歳)。又、お紺はなんとか無事に逃げ伸びたが、49才で病死したそうだ。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


油屋騒動(Ⅰ)
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。