Post

        

歌川国芳筆大判錦絵 「大願成就有ヶ瀧縞」・耳洗い

category - 未分類
2017/ 09/ 02
                 
大願成就有ヶ瀧縞
①大判錦絵 「大願成就有ヶ瀧縞」・耳洗い:歌川国芳筆

冒頭①の大判錦絵は、江戸時代末期の浮世絵師・歌川国芳筆による『大願成就有ヶ瀧縞』の内1枚・”耳洗い”図である。これは私が現役時代会社の取引先であった帝人株式会社の1979(昭和54)年カレンダーに使われていたもの(画像部分のみを切り取り保管)であり、同社は毎年浮世を使ったシリーズものを出しており、これを得意先へ配布していたものである。私が浮世絵など大好きなことを知っている総務部の者が毎年私に一部とっておいてくれていたもののひとつである。
同カレンダーの説明には1979年のカレンダー発行には二つの目的があったそうだ。一つは江戸時代後期の浮世絵師(浮世絵師一覧)に巨大な足跡を残した歌川国芳の力作を紹介することであり、今一つは国芳が浮世絵に描いた、当時のきもの(着物)の色柄を正確に再現して、服飾、ファッション界に供することであり、そういう意味で、この国芳の作品集は高度な印刷技術を駆使して原画の持つ華麗な力感を再現するように努め、製作にあたっては、東京博物館の菊地貞夫先生の監修をいただいた・・・とあった。東京博物館とは今の東京都江戸東京博物館(のことではないだろうか。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。


米ぬか美人?(歌川国芳筆大判錦絵 「大願成就有ヶ瀧縞」・耳洗い)
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント