Post

        

小林永濯肉筆画「天瓊を以て滄海を探るの図」

category - 絵画Ⅰ浮世絵・錦絵
2017/ 09/ 04
                 
イザナギ・イザナミ

上掲の画像は、小林永濯の肉筆画「天瓊を以て滄海を探るの図」(ボストン美術館所蔵。1880年半ばの作品とされる(Wikipediaより。画像はクリックで拡大)。 画は、日本神話(『古事記』『日本書紀』)に登場するイザナギ(向かって左)と、イザナミ(右)の二人が、天の橋に立っており、矛で混沌をかき混ぜて島(日本)を作っているところである。
作画者、小林 永濯(1843-1890 )は、幕末-明治時代の画家。名は徳直または徳宣。俗称は秀次郎。「鮮斎永濯」と号し、他に、永躍、永瑞、霞堂、永洲、夢魚、梅花堂等多くの号を有す。

詳しくは本館「老いの愉しみ」の以下のページを見てください。

「くしの日」に、小林 永濯画「天瓊を以て滄海を探るの図」?
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント